ローヤルゼリーを徹底分析!

ローヤルゼリーの効果や効能をはじめ、副作用やアレルギーについても解説しています。

メインイメージ

王乳と呼ばれる理由

女王蜂だけに許されるローヤルゼリー

ローヤルゼリーの特有成分とは?」でも解説したようにローヤルゼリーには様々な成分が配合されています。
これは、ローヤルゼリーが自然界の恵みを集結させた食物だからだと言っても過言ではありません。


そもそもローヤルゼリーは様々な植物の花粉と蜜を主な原材料としており、
それを働き蜂が体内で分解・合成した分泌液のことを指しています。
本来は女王蜂に献上することを目的としていて、女王蜂の長寿の要因でもあります。
ローヤルゼリーを食べることができるのは、女王蜂だけなのです。


ローヤルゼリーは日本では古くから【王乳】と呼ばれていますが、
これは女王蜂との関係性が深いからだと考えられます。
さらにローヤルゼリーは乳白色であり、クリーム状であることも呼び名の由来でしょう。
また、ローヤルゼリーの素晴らしい効果への称賛が込められているようにも感じられます。


ローヤルゼリーと同じ蜂由来の健康食品としてハチミツやプロポリスがありますが、
ローヤルゼリーとは全くの別物なので注意がひつようです。
ハチミツとローヤルゼリーはともに蜂の食べものですが、ハチミツが働き蜂の食事であるのに対して、
ローヤルゼリーは女王蜂専用の食べ物だという点がポイントでしょう。

当然のことながら、味も栄養分も大きく異なります。
ご存じのとおり、ハチミツは甘く美味しいですが、ローヤルゼリーは独特の酸味があり好き嫌いがわかれるでしょう。


プロポリスはミツバチの唾液と植物の樹脂からできていますが、
ローヤルゼリーは花粉と蜜を働き蜂の体内で分解・合成したものを指しています。
プロポリスも味にはクセがあり、独特の苦みがあることが知られています。


生ローヤルゼリーを摂取する場合は、直接舌にのせて服用することになるため、
味をダイレクトに感じるでしょう。
もしも味が苦手なら乾燥ローヤルゼリーや調整ローヤルゼリーを選びましょう。
これはカプセルや錠剤のサプリメントなので手軽に服用できます。


王乳は女王蜂にだけ与えられる特別な成分で、私たちもその恩恵にあやかっているわけですが、
まさに「良薬は口に苦し」という言葉がぴったりかもしれません。

こちらのサイトでは効果効能と副作用について詳しく解説しています。